チャレンジ就労

チャレンジ就労とは

「一度も働いたことがなくて、何ができるのかわからない」
「仕事内容、職場の雰囲気が自分に合うか確かめてから働きたい」


チャレンジ就労とは、
そんな働くことに不安がある若者を段階的に受け入れていきたいと
応援してくれる協力企業のもとで、
スモールステップアップで就労を目指していく方法です!

どのような方が参加しているの?
・仕事内容が自分に合うか確かめてから働きたい


・応募や面接が苦手

・職場の雰囲気が自分に合いそうか確かめたい


【事例】

◆生活協同組合パルシステム東京 様

(倉庫内仕分け・片付け作業)


仕事講話⇒現場見学(スタッフと同行)⇒体験(3時間×4日間※

アルバイト業務の一部を体験)⇒見極め⇒短時間就労⇒通常枠のアルバイトへ


【受け入れ企業様(一部分紹介)】

生活協同組合パルシステム東京 <物流>

(株)オーケー <スーパー>

スキャンマン(株)<印刷代行>

(株)KYODOU <警備>

(有)ユタカサービス <ビルメン>

メディカルケアサービス(株) <介護>

鴻池メディカル(株) <医療器具>

SGフィルダー(株) <物流> 等


 

Step1 ~交流~

まずは、
企業の方がサポステに来ます!

会社の説明や、その業界についてのお話を、
ゆるやかな雰囲気で伺い、交流していきます。

Step2 ~見学~

実際に職場に行きます。
実際に働いている方々の姿と
仕事の様子がみられるので
イメージが湧きます。

Step3 ~体験~

簡単で単純な作業から体験をスタート。
職場の雰囲気を感じながら少しずつ確かめていきます。

Step4 ~短時間就労~

体験を経て
「やっていきたい!」
と思ったら短時間から働き始めます。

実際の就労を少ない時間から行うことで、
本当に自分に合ったor出来る仕事であるかを
さらに確かめていくことができます。

Goal! 就労へ

企業の見極めのもと、就労へ!

実際の受け入れ例

A社(物流) 9名参加

企業見学(1時間程)⇒体験(3時間×4日間仕分け作業)⇒見極め⇒短時間就労⇒通常アルバイトへ

B社(スーパー) 5名参加

仕事講話(1時間程)⇒体験(4時間×5日間品出し)⇒見極め⇒通常アルバイトへ

C社(警備) 5名参加

仕事講話(1時間程)⇒現場見学(2時間程)⇒就労意向があるかの相談⇒通常アルバイトへ

 

企業様の都合もあるので、かたちは様々です。ご自身のあったかたちの受け入れ企業を選びぜひ参加してみてください。
受け入れの情報は随時更新されていきますので、お問い合わせいただきご確認ください。
なお、体験というかたちになるので賃金は期間中は発生しません。
交通費は基本的に自己負担になりますが、企業様のご厚意で支給される場合もございます。